Archives:

スパの効果

古くからの入浴習慣の違いから、日本と外国とでは入浴に対しての考え方が異なります。日本人は癒しを求めて入浴しますが、外国では治療のようなヘルスケアの面から入浴をします。日頃から湯船にお湯をためてお風呂に浸かるという文化のある日本人と異なり、外国人にとって入浴することは特別な感覚があるのです。そのため、ただお風呂や温泉につかるだけでなく、マッサージやエステで心や体を整えたり、体を鍛えたりといった付加価値がつけられるスパ文化が誕生したのです。

エステや病院で得られる効果と温泉の持つ効果とが融合されており、医療技術では取り扱わないマイナートラブルの解消や自然治癒力の高める効果を持っているとされています。病院に行くほどではないけれども日頃から困っている肩こりやむくみといったものを温泉の老廃物を排出する効果によって改善することもできるのです。

サウナに入って汗を流すことで気分もリフレッシュすることができたり、ストレス解消ができたりという効果もあり、体の調子だけでなく心の調子も整えることができるのです。マッサージやエステの施術を受けることやリハビリを受ける前にしっかりと入浴をすることで、その効果をより得やすくする効果もあり、入浴とその後の施術とで相乗効果が得られるのです。