効果的な入浴法

最近、多くのスパで導入されているもので炭酸泉というものがあります。炭酸泉というのは二酸化炭素である炭酸ガスが溶け込んでいるお湯のことです。普通のお湯に浸かるのとは違いお湯が柔らかく、ぬるいお湯でもあたたかく感じて入浴後も体が温かい状態が続きます。これは、皮膚から直接炭酸ガスが吸収されることで血管が拡張されて血流が良くなり起こります。

この炭酸泉に入浴すると、血行不良が改善されたり皮膚疾患が治りやすくなったりします。また、筋肉に吸収されることも研究で明らかになっているために、最近ではアスリートのトレーニング終了後の疲労緩和や怪我予防、筋肉のケアにも用いられています。低温でも十分に体を温めることができるので、心臓に負担をかけずに血液の循環を良くすることができます。そのため、ノボ千区買ったり高血圧の人でも安心して入浴できたりするメリットもあります。このように炭酸泉に入浴するてられるメリットがたくさんあるのでスパを選ぶ際には炭酸泉のある施設を選ぶことがお勧めです。

似たような施設としてミストサウナも従来のサウナよりも低温でなおかつ湿度が高いことで体への負担も少なく体を温めることができます。体に良いことだからといって無理をしながら入浴することではスパの効果は半減してしまいます。リラックスしながら入浴することが重要ですから、炭酸泉やミストサウナはスパの効果を存分に感じられる施設と言えます。


スパの効果

古くからの入浴習慣の違いから、日本と外国とでは入浴に対しての考え方が異なります。日本人は癒しを求めて入浴しますが、外国では治療のようなヘルスケアの面から入浴をします。日頃から湯船にお湯をためてお風呂に浸かるという文化のある日本人と異なり、外国人にとって入浴することは特別な感覚があるのです。そのため、ただお風呂や温泉につかるだけでなく、マッサージやエステで心や体を整えたり、体を鍛えたりといった付加価値がつけられるスパ文化が誕生したのです。

エステや病院で得られる効果と温泉の持つ効果とが融合されており、医療技術では取り扱わないマイナートラブルの解消や自然治癒力の高める効果を持っているとされています。病院に行くほどではないけれども日頃から困っている肩こりやむくみといったものを温泉の老廃物を排出する効果によって改善することもできるのです。

サウナに入って汗を流すことで気分もリフレッシュすることができたり、ストレス解消ができたりという効果もあり、体の調子だけでなく心の調子も整えることができるのです。マッサージやエステの施術を受けることやリハビリを受ける前にしっかりと入浴をすることで、その効果をより得やすくする効果もあり、入浴とその後の施術とで相乗効果が得られるのです。


スパとは

温泉につかることで心と体の洗濯ができるということで、温泉は古くから日本人に愛されてきた文化です。外国の文化が入ってきたことでシャワーも浸透しましたが、ここ数年、健康志向が高まって、体に良いこととしてお風呂に入ることが改めて重要視されるようになっています。昔から湯治という言葉があるように、温泉に入ることで治療になるという考え方がされていました。温泉につかるだけで自然と体の疲れが取れてマイナートラブルが解消するものです。しかし、仕事などが忙しくてスケジュール調整が難しいことや長引く不況も影響して、なかなか温泉に行くことが難しいものです。そこで、ここ数年スーパー銭湯のようなスパ施設が注目されています。

「スパ」というとその語源が意外ときちんと知られておらず、温泉のことを外国でスパというのかと思っている人も多いです。スパというのはラテン語の「癒す」が語源となっており、ベルギーの温泉町の名前に由来しているとされています。温泉地が語源となっているものの、厳密に言うとスパは温泉である必要はありません。あくまでも温浴施設のことを指すので、そのお風呂が温泉である必要がないのです。

多くの施設はお風呂に入った後、エステやマッサージといったリラックスできるような施術をや痩身の施術を受けることができたり、リハビリ施設が併設されていてリハビリが受けられたりします。そこで、ここではこのような体に良いとされるスパの効果と効果的な利用方法やおすすめの入浴方法について紹介をしていきます。